「K」はこだわりの「K」でもあります

今日、秋葉原で職質の現場を見てびっくりしています。
こんばんは、「K」です。
警察官の方が若者の両手を挙げさせて、ズボンをぱたぱたして
不審物のチェックをしてました。
現場写真を撮っちゃいましたが、さすがにここではUPしませんよ。

ところで、先日の日記では「鬼畜のK」と申し上げましたが、
「k」は、こだわりの「K」でもあるのです。

この日誌では、基本的に私のこだわりはご紹介しております。
しかして、こだわりのある「原型師さん」も大好きです。

今回は、弊社からリリースする「関羽雲長 赤襦袢Ver.」を
ご紹介いたしますが、この作品の原型師である「鬼山尚丈 (ハイパースペース)」さんも
すごい原型師さんなんです。

どこが凄いって?
ご覧のとおり、この色気です。
何ででしょう、ボディラインは前回ご案内いたしましたが、
その腰つきなどは「艶」といっても過言ではない雰囲気ですが、
上半身をフィーチャーしたこの2枚の写真からも、
その凄さが伺えます。
f0180485_21575645.jpg
(C)2008 YUJI SHIOZAKI-WANI BOOKS/IKKITOUSEN GG PARTNERS

鬼山さん、これからもよろしくお願いします!


※画像は監修中の彩色原型の画像です。商品とは異なります。

タキコーポレーションホームページ
http://www.taki-c.co.jp/hobby/index.html

QRコードを作りました。ブックマークしてくれると3の倍数で馬鹿に…

f0180485_2212781.jpg

[PR]

  by taki-c | 2008-09-24 22:02 | フィギュア関連

<< クアント様に行ってきました 私の「K」は鬼畜のK >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE